2017年

8月

21日

広島豪雨災害犠牲者追悼式

 昨日(8月20日)で、平成26年(2014年)「広島豪雨災害」から3年が経ちました。10時より安佐北区民文化センターで広島県・市の合同追悼式が行われました。
 77人が犠牲となった「広島豪雨災害犠牲者追悼式」には遺族や住民ら約600人が参列し、犠牲者を悼みました。県と広島市が合同で行う追悼式は今年で最後です。

 追悼式の最初に広島市消防音楽隊による献奏が行われ、全員で黙とうをささげました。
 湯崎広島県知事の式辞・松井広島市長が式辞で「防災、減災のための整備が着々と進むとともに地域の再生の動きが着実に広がっています。県民・市民の誰もが安全、安心に暮らせる街の実現に向けてまい進することを誓います」と述べました。

 このあと、土砂災害で夫を亡くし、みずからも足を切断する大けがを負った安佐北区の宮本孝子さん(77)が「今でもささいな物音や大雨、雷におびえ、恐怖を感じます」と今も続くつらい心のうちを明かしたうえで、先月の九州北部豪雨に触れ「一刻も早く助けてあげてほしい。災害で亡くなる人がいなくなる世の中になることをせつに願います」と訴えました。

 全参加者の献花で追悼式は終了しました。

続きを読む

2017年

8月

20日

薬味

 ざるそばには「わさび」と「刻みネギ」、かけそばには「七味・一味」、冷やしそーめんには「生姜」と「刻みネギ」と色々な料理に「薬味」は脇役ですがとても大事なものです。
 その薬味について調べてみました。

薬味
 「薬」と「味」が合わさってつくられた言葉です。つまり薬味は「料理の味を引き立てると同時に、料理に薬効成分をプラスする」という、単に味をよくするというだけでなく効能も与えてくれるものであり、汁物や刺身など、和食では古くから欠かすことのできない存在でした。

 昔、うどん屋さんで出してくれる薬味の刻みねぎは、「うどん屋の風邪薬」といわれていました。ねぎの持つ硫化アリルという成分が発汗や保温に効果のあることから、うどんに付いてくる刻みねぎは、ひきはじめの風邪に効果の高い食材として考えられていたのです。
 
 また、「薬味」の入っていないみそ汁や吸いものは、「坊主汁」といって嫌われたといいます。薬味を添えることは体に薬効を取り入れることであり、薬味を添えないで出すことは、それを食べる人の健康に対する思いやりが欠けていると思われ嫌われたのです。

薬味の効果
すだち(酢橘) まろやかな香りと酸味が疲れを癒す
 徳島県の特産で、ゆずの近縁種。まろやかな香りと酸味があり、果皮・果汁とも香辛料として利用される。クエン酸が多く含まれ疲労回復に効く。果皮にはカルシウムやカリウムなどのミネラル類が多く含有されている。
 
ゆず(柚子) 酸味と香りが高く、疲労回復にも優れている
 果皮は厚く凹凸があり、香りが高い。果肉はやわらかく多汁で、酸味が強い。他の柑橘類に比べタネが多い。ビタミンC含有が高く酸味はクエン酸やリンゴ酸などの有機酸。抗酸化力が高く、疲労回復や肩こりに有効。
 
刻みゆず
 へぎゆず:外皮だけを薄く親指大に切る
 針ゆず :大きめにそいだ外皮を細かい千切りにする 
 
かぼす 各種有機酸が食欲を増進させ、肩こりを予防する
 大分県特産で、ゆずの近縁種。独特の香りと酸味がある。ビタミンCや各種有機酸が豊富で、風邪の予防や食欲増進、疲れを取り肩こりなどに効果が高い。食酢用として珍重されていた歴史があり、果実酒にも向く。
 
レモン(檸檬) ビタミンCが風邪を予防し美肌をつくる
 果皮は黄色がポピュラーで、ビタミンCやクエン酸が多く、果皮は精油を含有する。ビタミンCが風邪を予防し美肌をつくり、クエン酸が疲労回復に有効。ビタミンCは壊れやすく香りも飛びやすいので、食べる直前に絞るとよい。
 
ねぎ(葱) ビタミンB1の効能を高め、疲労回復に効果がある
 もっともポピュラーな薬味。白い部分は「白葱(はくそう)」と呼ばれ薬効が高い。葉の部分は緑黄色野菜でカロテンが豊富。ツーンとくる刺激臭は硫化アリルで、ビタミンB1の効能を高める働きがある。
 
青じそ(青紫蘇) 殺菌・防腐効果に優れている
 古くから薬として用いられてきた野菜。カロテンやビタミンC、ミネラル類が豊富で、特有の香りはぺルリアルデヒド。細菌類の繁殖を抑え食中毒を防止する。殺菌作用は細かく切ると効果が大きい。
 
大根おろし でんぷん消化酵素が胸焼けや胃酸過多に効果が高い  
 根の部分にはでんぷん消化酵素のアミラーゼが含まれ、胸焼けや胃酸過多、二日酔いに効果がある。皮の部分には毛細血管を強化するビタミンPが含まれている。葉に近い部分がおろしに向く。
 
しょうがおろし 強い殺菌力があり、風邪の予防や治療に有効
 多肉で強い香りと辛みがある。辛み成分はショーガオールとジンゲロン。ショーガオールは強い殺菌力を持ち、胃液の分泌を高めて食欲を増進させる働きがある。ジンゲロンは新陳代謝を促進し発汗作用を高める働きがある。
 
ごま 動脈硬化の予防に優れ、老化を予防し、脳の働きを高める 
 豊富な脂質は不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸で、血中コレステロールを下げ動脈硬化の予防に優れている。カルシウム、鉄などのミネラル類や、ビタミンB1やEなどが豊富に含まれている。
 
のり 美肌効果に優れ、老化防止の効果が高い
 カロテンとビタミンCが豊富で、活性酸素を除去し、風邪を予防し肌を守り、メラニン色素の沈着を防いで美肌をつくる効果が高い。疲れを取るビタミンB1や過酸化脂質の生成を抑えるB2も多い。
 
かつおぶし 健脳効果に優れ、骨粗鬆症を予防する
 うまみ成分はイノシン酸。良質なたんぱく質を含有し、健脳効果の高いDHAや動脈硬化を予防するEPAが豊富に含まれている。カルシウムやビタミンDも豊富なので骨粗鬆症の予防に有効。鉄分も多い。
 
粉さんしょう 山野に自生する古来からの香辛料
 若葉は「木の芽」と呼ばれ芳香があり、実は特有の辛みと苦みがあり、ともに香辛料として利用される。香り成分はシトロネラールやジペンテンで、辛み成分はサンショール。食欲を増進させ、健胃効果に優れている。
 
七味とうがらし 食欲を増進させ、風邪予防に優れた香辛料
 江戸時代初期に誕生した混合香辛料。粉末とうがらし、ごま、粉さんしょう、麻の実、しその実、陳皮(みかんの皮を乾燥させたもの)、青のりなど、風邪予防に効果の高い7種類の食材を調合してつくられている。

2017年

8月

19日

Jアラート

 昨日(8月18日)11時AMにJアラートが正常に伝達されるかの訓練がありました。北朝鮮による弾道ミサイル落下時の非常訓練です。住民の非常事態訓練とは違います。

 我が家の防災行政無線からは11時AM過ぎに正常に放送がありました。

訓練方法
 Jアラートにより情報を受信し,同システムと連携した情報伝達手段(防災行政無線のスピーカー等)を自動起動することによって,正常に伝達が行われることを確認する。

 J-ALERTは、対処に時間的余裕のない事態が発生した場合に、国が人工衛星を用いて情報を送信し、市町村の防災行政無線を自動的に起動させて、屋外受信機や屋内受信機を通じて、緊急情報を住民に伝達するシステムです。

 昨年12月から、国が送信した緊急情報は、広島市域に影響のある場合のみ、広島市の防災行政無線によって、自動的に起動する仕組みとなっています。このシステムは、深夜・早朝にかかわらず24時間放送されます。

訓練結果
(安佐北区役所・佐伯区役所にJアラートが流れませんでした。)
 安佐北区役所については、館内の放送対象エリアを指定するセレクトボタンが押下されておらず放送が流れなかったものです。現在は常時セレクトボタンを押下状態とし放送は流れる状態になっています。

 佐伯区役所については、防災行政無線の一斉指令装置と区役所の館内放送設備との接続に不具合があり放送が流れなかったもので、防災行政無線の保守業者と館内放送設備の納入業者と協議し改修対応中です。
 訓練が役に立ちました。

◆防災行政無線(同報系)とは
  市役所、消防局、各区役所・消防署に設置した放送卓から、地域に設置した屋外受信機、屋内受信機を通じて、市民に気象情報や避難勧告・指示などの防災情報を音声で提供するシステムです。平時には、防災思想の普及・啓発情報や市行政情報を放送しています。

◆全国瞬時警報システム (J-ALERT)とは
  緊急地震速報や津波警報、弾道ミサイル情報など、対処に時間的余裕のない事態が発生した場合に、国が人工衛星を用いて情報を送信し、本市の防災行政無線を自動的に起動させて、屋外受信機や屋内受信機の放送で住民に伝達するシステムです。

続きを読む

2017年

8月

18日

日本3大盆踊り

 一昨日沼田町の盆踊り大会は盛況のうちに終わりました。
 日本3代盆踊りが有るそうです。私は郡上八幡盆踊りは見に行ったことが有ります。秋田県の西馬音内盆踊りは知りませんでした。阿波踊りは有名ですが実際に見たことは有りません。(阿波踊り会館では見ました)

西馬音内盆踊り
 秋田県雄勝郡羽後町西馬音内で行われる盆踊りである。
毎年8月16日から18日まで西馬音内本町通りにおいて開催される。
編み笠は半月形よりも両端が貼り出した形が特徴的。
亡者を思わせる彦三頭巾、編み笠を深くかぶり、美しい端縫い衣装を身にまとった踊り子たちが優雅に夏の夜を舞う。

郡上八幡盆踊り
 岐阜県郡上市で開催される伝統的な盆踊りである。
毎年7月中旬から9月上旬まで述べ32夜開催される。
中でも8月13日から16日は午後8時に始まり明け方まで夜通し踊り続ける徹夜踊りは大変盛り上がる。

阿波踊り
 徳島県(旧阿波組)を発症とする盆踊りで、夏季になると徳島県内の各地の市町村で開催される。中でも徳島市阿波おどりは国内最大規模で最も有名である。

男踊り・・・半天を着て踊る半天踊りと、男物の浴衣をしりからげに着て踊る阿波おどりが

      ある。うちわや手ぬぐいなどを使っていることが多い。

女踊り・・・女物の浴衣に編笠を深く被り、草履ではなく下駄を履くのが特徴的。
      艶っぽく上品に踊る。

2017年

8月

17日

沼田町盆踊り大会

 昨日(8月16日)夕方5時30分より第41回「沼田町盆踊り大会」が開催されました。天気予報で雨が心配されましたが終日曇りで今年は天気の心配をしないで開催できました。大抽選会の前には3,000枚の団扇が無くなりました。

沼田町盆踊り大会
 沼田町では地元商工会や町内会連合会をはじめ、子ども会、PTA、社会福祉協議会、体育協会など町内各団体が連携して“住民の、住民による、住民のための”地域振興を推進しており、夏恒例の盆踊大会もその一環。地域に伝わる郷土芸能の継承を図るとともに、住民同士の交流と親睦の輪を広げることを目的として昭和50年代からスタートし、今では一大コミュニティ・イベントとして定着しました。

 当日は地元保存会によって守り継がれている扇子踊りや沼田音頭など地域独自の盆踊りが披露されるほか、趣向を凝らした扮装とパフォーマンスで会場を沸かせる仮装大会や豪華賞品が当たる大抽選会、花火など目玉イベントが盛りだくさん。先着3,000名に配布される抽選番号付きのうちわを求めて、毎年15時30分の開場前にはずら~り長蛇の列ができる盛況ぶりです。

 実行委員会事務局によると「最大の特徴は企画からチラシづくり、会場設営、運営まで全て自分たちで行う手づくりのイベントであること。とりわけ商工会青年部の面々は実働部隊として文字通り汗を流してくれています。経費を聞くと、皆さん驚かれますね。これだけのイベントなら普通その倍はかかると。41年も続けてこられたのは、古き良きコミュニティの連帯意識が残るこの地域だからこそではないでしょうか」。飛び入り参加はもちろん、地域づくりの好例としても注目したいイベントとなっています。

続きを読む

 

サイト内検索

 

キーワードを入れることで、サイト内記事が検索できます。